奈良・京都・大阪を中心に活動するマンション管理士です

マンション管理士事務所オフィスコメナミは、奈良・京都・大阪などの近畿一円で、実務志向の高い「プロナーズ認定アドバイザー」のマンション管理士である米浪義幸が理事(役員)の知恵袋となることにより、管理組合(理事会)の運営サポートを行っております。

ご相談・お問い合わせの場合や、どこを見ればお探しの情報があるのかわかりにくい場合は、右にある「お問合せはこちらから」の青いバナーを利用していただくか、事務所案内ページ記載のEメールアドレス宛にご連絡をいただければ返信いたします。

マンション管理士とは

マンション管理士は、マンションの管理の適正化の推進に関する法律においてこのように定められています。
「マンション管理士とは試験に合格し、登録を受けて、マンション管理士の名称を用いて、専門知識を持って、管理組合の運営その他マンションの管理に関し、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談に応じ、助言、指導その他の援助を行うことを業務とするものをいう。」

マンション管理士はなにをしてくれるの

このようなお悩みはないでしょうか。
「○○をしたいのだけれど、どのように進めていいかわからない。」
「なんだかおかしいと思うのだけれど、どうしたらよいかわからない。」
「問題があるのだけれど、自分たちだけでは解決が難しい。」

管理組合運営には、法律・管理規約・細則等の他、管理会社との契約、建物やその設備等について一定の専門知識が求められる場合がありますから無理もありません。
それらに対し、役員が一から勉強をされ、知識を会得して、管理組合運営に役立てるのは困難ではないでしょうか。輪番制という仕組みや任期という時間的なハードルもあります。
マンション管理士の持つ専門知識と運営ノウハウは、それを補うことができる方法の一つと考えられます。
しかも、みなさんがお求めの管理組合運営実現の支援が使命と考え、みなさん(区分所有者)の立場に立った提案や、主体性のある運営をサポートをいたします。
必要な際には、時間をかけ慎重に検討するプロセスの支援や、比較検討のするための材料の提供などきめ細やかな支援もいたします。
そして、運営の透明性を図るため積極的な広報の提案や、利害関係のない立場で管理会社や設計会社・工事会社との調整役(コーディネーター)の役割をすることで、より公平性のある管理組合運営を支援します。
このようなサポートにより、どなたでも負担少なく安心して役員に就任できることで、役員のなり手不足の問題点の一つの対策となることや、期が変わっても継続性のある運営につながります。

当事務所ではこのように考えますが、さらに詳しくお知りになりたい場合には、ご相談時に支援資料のサンプルを提示できるよう準備をしております。

当事務所の想い

◇ 積極的な意見が出る主体的な理事会運営を支援したい
◇ 公平かつ透明性があり、組合員の共感を得られる理事会運営を支援したい
◇ 役員の負担が少ない継続性のある理事会運営を支援したい

お客様の声

◇ こういう役割をする人が理事会にいたらいいなと前から思っていた。
◇ 期待よりも早く、今までできていなかったことができるようになってきた。

お知らせ

知っておきたいマンション管理ニュース6月号

知っておきたいマンション管理ニュース6月号は、新型コロナウイルス感染者が発生した場合の管理組合の対応に関するニュースとマンション管理適正化法およびマンション建替え円滑化法の参議院本会議で可決のニュースです。適正化法および …

新型コロナウイルスの影響によるマンション管理適正化診断サービスの受付について

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に対するマンション管理適正化診断サービス(以下、「適正化診断サービス」と表記します。)の受付について、(一社)日本マンション管理士会連合会(以下、「日管連」と表記します。)のホームペー …

2020年度「マンションすまい・る債」の募集

独立行政法人住宅金融支援機構は4月24日(金)から、20年度「マンションすまい・る債」の積立組合の募集を行う。応募受付期間は9月18日(金)まで。 との報道がありました。 「マンションすまい・る債」について、住宅金融支援 …

新型コロナウイルスと総会開催について

総会の開催時期を迎える管理組合さんが多いシーズンが近づいてきました。 例年、その準備のため理事会は大きな労力を費やされていると思われますが、今年は新型コロナウイルスの影響で、総会の準備どころか総会を開催しても良いどうかも …

知っておきたいマンション管理ニュース 2020年4月号

知っておきたいマンション管理ニュース4月号は、マンション管理適正化法及びマンション建替え円滑化法改正案の国会提出と、住宅金融支援機構が行うマンション共用部分リフォーム融資の制度内容変更の二つの記事です。 詳しくは、内容を …

ブログ

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に対する管理会社の対応

緊急事態宣言が出されました。 東京・神奈川・千葉・埼玉、大阪、兵庫、福岡がその対象で、期間は1か月のようです。 医療や生活に関する情報はテレビなどで報道されています。 管理組合の業務に対する影響は、緊急事態宣言が発せられ …

管理費上昇との調査結果

ある会社のホームページに、分譲マンションの管理費市場調査について情報が掲載されていました。 その内容は、以下のように読めました。 国土交通省の推計では、2018年の新築分譲マンション竣工戸数は微減傾向で推移している。 し …

ドローンを使った外壁調査

マンションではなのですが、事務所の外壁に不具合が見つかったためドローンを使い調査をしていただきました。 高所のため目視が難しい位置でも、ドローンなら水平位置まで行き、カメラで画像を確認することができます。 この画像をもと …

生きのびるマンション

『生きのびるマンション〈二つの老い〉をこえて』を読みました。 (山岡純一郎著) 「建物の老朽化」と「住民の高齢化」の二つの老いが進むことが、すべてのマンションという共同体に共通する運命であり、 新築され入居が始まった時点 …

奈良の行事 お水取り

東大寺二月堂の有名な行事「お水取り」のお松明が毎晩行われています。 3月14日がお松明の最終日です。 この行事が終わると春が来ると言われています。 このお松明は、毎朝当日分を作られているようで、6時過ぎに行くと数人で作業 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.